ホーム > 技術情報(絶縁用保護具・防具・防護具について)
保護具・防具・防護具は配電線路の活線作業時、作業者の感電災害の防止及び建設現場での感電災害を防止するために欠くことのできなものであり、非常に重要な機能を有します。
特に保護具・防具は、労働安全衛生規則で定められた厚生労働省検定に合格した製品を使用する様に、法令で義務づけられています。

1.種類と用途
種 類 用 途
保護具 充電電路に接触し、又は接近することにより、感電の危険が生ずる恐れのある時に、作業に従事する労働者が装着する。 ・電気用ゴム手袋
・電気作業用保安帽
・絶縁衣
防 具 労働者が感電の危険が生ずるおそれのある充電電路に装着する。 ・ゴムシールド管
・樹脂フロシキ等
防護具 工作物・建設等の作業を行う場合に感電防止のために充電電路に装着する。 ・建設工事用防護具

2.取り扱い方(正しい使い方)について
(1)
保護具・防具・防護具等の素材は優れた耐電性・物性のあるもので製造されておりますが、その用途に応じ耐熱性・復元性に優れた天然ゴムと色彩性、耐候性に優れた合成樹脂とでは、経年劣化の起り方が全く異なります。
ア.ゴム製品の劣化について
一般的にゴム素材の製品の老劣化は表面から起こります。即ち、表面にオゾンクラックを生じ、末期にはベタつく様になり弾力性が著しく低下します。
イ.合成樹脂製品の劣化について
合成樹脂製品の老劣化は内部分子が解離して、乾いた粘土の様に見難いクラックが内部より表面に移行して、機械的強度が著しく低下し、終局ではポリバケツの様に或日突然割れる様になりますので外観から判定は難しいのが一般です。
以上の様にいずれの材質の未使用品であっても程度の差こそあれ経年劣化は起こり特に肉厚の薄いもの、使用頻度の高いもの、保管状態や定期絶縁性能試験の不適切なものはより劣化が進みます。
(2)
定期絶縁性能検査について
優れた絶縁具(保護具・防具・防護具)でも長い間使用すると次第に劣化していきます。労働安全衛生規則では6ヶ月に1回、その絶縁性能検査を行い規定の性能を失っているときは直ちに補修又は取替える様定められています。又、純良な絶縁具でも電極が密着しないとテスト中放電等によりオゾンラックが入ることがあります。特に樹脂製品の耐電圧試験に当ってはリーク等により熱破壊が出ない様、電極を密着し、沿面距離を充分とる様心掛けて下さい。
保護具・防具の使用電圧 定期試験電圧
低圧用 交流電圧が 300V を越え 600V 以下の電路に用いるもの 1,500V 以上
1分間
高圧用 交流電圧が 600V (直流では 750V)を越え 3,500V 以下の電路に用いるもの 6,000V 以上
1分間
交流電圧が 3,500V を越え 7,000V 以下の電路に用いるもの 10,000V 以上
1分間


ページのトップへ