技術情報

取扱い商品
保護具
防具
防護具
ゴムマット
活線作業用補助用品
作業用被服
耐電圧試験器/絶縁性能検査
輸出用品/工業用品/通信用品 他
  1. HOME
  2. >
  3. 技術情報
  4. >
  5. 絶縁ゴム製品の維持管理

絶縁ゴム製品維持管理上のご注意

1.ご使用にあたって

・使用前点検
使用前には、ゴム製品の内外面を目視検査にて外観(ヒビ、割れ、破れ等)及び、乾燥状態を点検してください。【労働安全衛生規則第352条(電気機械器具等の使用前点検等)】
・使用中のご注意
使用電圧以下であることを厳守してください。
保管時の二つ折りは、ゴムの劣化を早めますのでおやめください。
ゴム製品を熱、光などに不必要にさら(曝)したり、長期間屋外に放置いたしますとオゾン劣化により亀裂が生じる場合があります。また、油、グリース、テレピン油、純粋アルコール及び強い酸に触れると、形状の変化や物性の低下の原因となりますので避けてください。


2.使用後の点検及び保管方法について

使用後はゴム製品に、キズ、破れ等がないか外観検査を行い、油脂等の汚れが付着している場合には、布等で拭き取り水洗いの後、陰干しして、パウダー等をまんべんなく塗布して保管してください。
また、汚れがひどいときは、薄い中性洗剤液で洗い、その後水洗いしてから乾燥してください。

保管場所は、放熱器等の人工的熱源の付近を避け、直射日光、人工光等のオゾン発生源にさら(曝)されないような場所で、かつ、湿気、油、薬品等の影響を受けない薄暗くて比較的涼しい場所に、圧力を加えたり曲げたりせず、専用の保管箱か又は袋に入れ、自然な状態で保管してください。長期間折り畳んだり、変形したまま保管しますと「くせ」がつき、その部分から亀裂が生じる場合がありますので自然の形で保管してください。

※使用後、濡れた状態のまま長期間保管致しますと、製品が水分を吸収して白く変色したり絶縁性能の低下に繋がりますので、濡れた場合は水分を拭き取りパウダーを塗布し陰干しして保管してください。

お気軽にお問い合せ・ご相談ください。

ページTOP

渡部工業株式会社